ジオドラマを聴いた制作統括の桜井壮一が、その下町の人情物語に感動したことが本作の企画のきっかけとなった。 作品名の「おちょやん」は、茶屋や料亭などで働く「小さい女中さん」を指す「おちょぼさん」がなまった大阪ことば。モデルとなった浪花には女中奉公に出された経験があり、ヒロインの原点に女中奉公していた8
24キロバイト (2,684 語) - 2020年9月16日 (水) 17:58



(出典 frigater.com)


似合ってますね!かわいいwwwwww

1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/17(木) 19:04:26.95 ID:CAP_USER9.net

2020年9月17日 12時02分
https://www.cinematoday.jp/news/N0118657

(出典 img.cinematoday.jp)


(出典 img.cinematoday.jp)


 11月30日から放送となる連続テレビ小説「おちょやん」から、杉咲花演じるヒロイン・千代のビジュアルと、オープンセットでのロケの様子が初公開された。

 本作は、女優の道を生き抜き、“大阪のお母さん“と呼ばれるようにまでなった、ひとりの女性・千代(杉咲)の物語。大阪の南河内の貧しい家に生まれた千代は、奉公に出ていた道頓堀で芝居のすばらしさに魅了され、女優の道を目指す。

 京都の撮影所の広大な屋外スペースに、オープンセットとしておよそ100年前の道頓堀が再現された。9月上旬に真夏さながらの強い日ざしが照りつけるなか、道頓堀の芝居茶屋・岡安でお茶子として働く17歳の千代が、活気あふれる道頓堀の町を座布団を抱えて駆け抜けていくシーンの撮影が行われた。

 大勢の人が行き交うなか、全力疾走する杉咲の動きをクレーンカメラが追うというテクニカルな撮影のため、入念なリハーサルが重ねられた。スタッフの指示に、茜色の着物に黄色の帯、わさび色の前掛けを身につけ、日本髪というたたずまいの杉咲が、ハツラツとした笑顔で応える。

 本番では、「ごめんやっしゃ! ごめんやっしゃ!」と声を上げながら走り、町を行き交う人々と「おはようさんでございます」と笑顔であいさつを交わす杉咲。千代として、道頓堀で暮らす町の一員となっていた様子。

 杉咲は、オープンセットのロケについて、「歩く人たちみんなの表情が生き生きとして見えたのは、色とりどりの旗やのれんが嬉しそうに踊るエネルギッシュな道頓堀のセットに入っただけで、力強いパワーを受け取ることができるからなのだろうなと感じました。わたし自身もその一人で、セットに入るといつも、活気のある道頓堀に置いていかれないように、しゃんと立って、がしがし歩くぞ! という気持ちにさせられています。きっとドラマを観てくださる方々にも、道頓堀という町から、そこを歩く人々の姿から、パワーを受け取っていただくことができるのではないかと思っています!」とコメントを寄せている。(編集部・梅山富美子)

連続テレビ小説「おちょやん」はNHK総合にて11月30日あさ8時~、BS4K・BSプレミアムにて7時30分~放送


【【おちょやん】杉咲花のドラマでのビジュアル公開】の続きを読む